トイレの水漏れはどこからなのか

何が原因なのか分からない状態でトイレの水漏れトラブルが起きていると慌ててしまいますが、そんなときこそ冷静に行動しなければいけません。まず最初にやるべきことは、水を止めることです。

■まずは水を止めることが大切

溢れてくる水を止める必要があるので、水の元栓を止めましょう。よく見るとトイレの横辺りに止水栓と呼ばれる水を止める部分があるので、それを回すことで水を止めることができます。壁からタンクに繋がるパイプがあります。そのパイプを見ると途中辺りにハンドルや、溝のようなものがあるはずです。そこが止水栓なので、ハンドルであれば蛇口のように右にひねると水を止めることができます。元が止まるため、直前まで溢れていた水も止まるでしょう。
溝の場合は手で回すのが難しいため、マイナスドライバーを使って回すか、マイナスドライバーがない場合やハサミなどを硬いものを使って回してみましょう。

■止水栓がわからない

慌てているとパニックに陥りますから、中には止水栓を見つけられない方も多くいます。冷静に探しても、見当たらないこともあるでしょう。そんなときは、家の外にある水道メーターを締めます。






■まとめ
トイレの水漏れは、応急処置が必要です。どこから水が漏れてるか確認する前に、水を止めることでパニックになっていた気持ちも落ち着いてきます。もしも止水栓を止めたのに水が止まらない場合は、早急に水道 修理業者を呼んで修理をしてもらう必要があるので、早めに連絡を入れて状況説明をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ