自力で直せるトイレの水漏れ状況とは?

トイレ 水漏れのトラブルは、状況によっては自分で修理できることもあるので慌てる必要はありません。状況にあった修理法を知っておくといざというときに役立ちます。

■自分で直せる方法がある

便器の水や手洗い場部分の水がチョロチョロと漏れている場合、ジャパジャパと漏れている場合、どちらも原因が同じというケースが多く、ゴミが詰まっていたり、タンクの中の鎖が絡まっていたり、ゴムフロートをよく見ると壊れていたりということがよくあります。
もしゴミが挟まっている場合は、割りばしやブラシなどを使ってゴミを取り除きます。鎖が絡まっているのが分かれば、絡まっている部分を直すだけで状態が改善するでしょう。ゴムフロートが壊れて水漏れがしている場合は、新しいゴムフロートに交換することで解決します。ホームセンターなどでゴムフロートを新しく買ってきて、マイナスドライバーで取り付けるだけなので簡単です。

■工具を用意する

自力で直せる状況なら、マイナスドライバー以外にもいくつか道具を準備しておくとすぐに対処できます。トイレの修理ですから、ゴム手袋があると衛生的です。修理をしていると床が汚れてしまうことがあるので、新聞紙を敷いたり、バケツや雑巾も用意してから取り掛かりましょう。あとはドライバーやレンチなどの工具も用意しておくことをおすすめします。





■まとめ
トイレのトラブルは突然起こるものです。そのときになって慌てないように準備をしておくと、簡単な水漏れなら対応できるので安心です。万が一に備えて日頃から情報を収集して準備しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ