自力でトイレの水漏れを直せないときは業者が頼りになる

どうしても自分で直せないトイレの水漏れトラブルは、無理をして直そうとしても直るものではありません。早めに専門業者に修理を依頼しましょう。

■業者に修理を依頼するときの一連の流れ

まずは電話連絡を入れます。水漏れしている状況を簡単でいいので説明しましょう。水漏れの箇所が分からなくてもだいじょうぶです。専門知識があるスタッフ多対応してくれるので、質問に対して答えるだけでOKです。
後日担当者が訪ねてきてくれるので、どんな状況で水が漏れているのか確認をして、どんな修理が必要なのか、それらの修理にどのぐらいお金がかかるのか見積もりを出してもらいます。修理の内容や見積額に納得ができれば修理に取り掛かります。代金は修理が終わってから支払うのが一般的です。


■ちょっと気になる料金の内訳

お金の細かいことはなかなか聞きにくいものですが、何にどのくらいお金がかかるのかは気になるところです。トラブルを回避するためにも、見積書の内容をよく見て事前に確認することは重要です。一般的に出張費、作業費、部品代金などが修理代金として請求されます。状況によってそのほかの料金も加算されることがあります。朝早い時間帯なら早朝料金、逆に夜遅い時間なら深夜料金が発生することもあります。



■まとめ
はじめてトイレの水のトラブル修理を依頼する場合は不安なことも多いので、あらかじめ修理に関する情報を収集して調べておけば不安が解消されるでしょう。特にお金に関する情報は、何にどのぐらいお金がかかるのか知っておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ